環境活動への取り組み

エコフェスタたいとう2010

地域から循環型社会を推進

『ダンボールコンポストで生ごみリサイクルを始めよう!!』


 去る2010年11月20日(土曜日)、21日(日曜日)の2日間、台東区の生涯学習センター及び金竜公園において、『環境(エコ)フェスタたいとう2010』が開催され、~伝えよう想い 広がれ行動 気づいたことから始めよう!~をテーマに環境やリサイクルについて全51企画が出展しました。

弊社では台東区の家庭から排出される多量の生ゴミに着目し、ダンボールの中で微生物を育て、生ゴミを発酵させて分解したり、堆肥(肥料)を作ったりするダンボールコンポストを展示。本年7月に開催した新三平LABO2010などの活動を経て進めてきた地元から始めるコンポストをはじめとしたリサイクル活動を掲示。お子様からご年配の方まで楽しんで見ていただけました。

また、ダンボールコンポストのモニターを募集させていただき、多くの方にお申込みをいただきました。

今後も台東区から地域に根ざした企業を目指し取り組んでいきます。


<ダンボールコンポストとは?>

ダンボールの中に生ごみを入れ、くん炭や竹の粉などと撹拌し、ダンボールの中で微生物を育て生ごみを発酵させて分解したり、堆肥(肥料)を作ったりします。