環境活動への取り組み

Shinsampei LABO 2011 Summer

<工作用パーツキットのダウンロードはこのページの一番下です>

Shinsampei LABO 2011 Summer

新三平の社会貢献プログラム「LABO親子工作教室」は3年目を迎えました。今年のテーマは楽しく遊んで環境についても学べるという『エコオセロ』でした。

1.開催概要

  • イベント名 Shinsampei LABO 2011 Summer
  • テーマ   夏休み親子エコ工作教室『作って遊ぼうエコオセロ』
  • 開催日   2011年7月30日(土) 10:00~
  • 場所    台東区環境ふれあい館ひまわり 7階第2集会室
  • 対象者   地元の園児・小学生とその保護者
  • 目的    地域住民とふれあい、工作を通じてものづくりの大切さと環境について楽しく学ぶ

Shinsampei LABO 2011 Summer

2.開催内容

“日本で発明され世界で愛されているボードゲーム≪オセロ≫と東日本大震災後に身近になっている節電を含めた≪エコ≫な要素を結びつけ、遊びながら環境について考え・行動する手助けになる” という究極のコラボレーション企画!今回は【一般社団法人 日本オセロ連盟】から力強いご協力をいただきました。快くご了承を頂いた日本オセロ連盟の小出さんと高橋さんに心から感謝いたします。ありがとうございました。

それでは、早速工作教室の開始です!今年の参加者は当初の募集枠をオーバーして13組の皆さんに参加していただきました。(お子さんの参加は17名でした)

Shinsampei LABO 2011 Summer

オセロの「コマ」の芯になる部分は、建設会社では建物の完成模型を作る際にお馴染みの約2.5ミリ厚の発泡スチロール板を使用しました。

 発泡スチロールの板に空き缶のフタを押し付け、コマの形を作ります(グリグリ回して切り取ります)。お子さんには「少し難しいかな」と、心配するなか、皆さん予想以上の頑張りをみせてもらいました。また、はさみ上手く使って工夫してるお子さんもいました。こうして次々にコマの形が出来上がっていきます。

Shinsampei LABO 2011 Summer

次はカラーのコマのシートの片面には【環境にいい事】、反対の面には【環境に悪い事】が印刷されたものを丸く切り取っていく作業です。単調な作業にも関わらず親子で楽しくチョキチョキと切り取っていきます。

無地のコマが1コあるのですが、それには夏休みに頑張る事をお子さんに自由に書いてもらいました。


←『宿題をやる!』の裏は、当然『宿題やらない』になるわけですね(^^;)

Shinsampei LABO 2011 Summer

いよいよ仕上げです。コマの芯に切り取ったシートを糊づけし、6×6の盤(ミニオセロの数)を作成すれば完成になります。ラストスパートでは我々スタッフもお手伝いの臨戦態勢を取っていましたが、あまりその必要もなく、多くの方は親子で力を合わせて次々に完成して行きました。

Shinsampei LABO 2011 Summer

完成した『エコオセロ』でまずは親子対戦となりました。コマに書かれている【環境にいい事】【環境に悪い事】を一生懸命読んでくれる子もいて、環境について楽しく学ぶという当初の目的が達成できた事を実感いたしました。

 続いて希望者による大型『エコオセロ』による対局も行われましたが、注目を浴びる中でのびのびと楽しく遊んでいたのが印象的でした。

Shinsampei LABO 2011 Summer

≪最後に≫

参加していただいた皆さん、募集の際にお世話になりました地元の町会の皆さん、その他ご協力いただいた多くの皆さんに感謝いたします。

新三平建設は、社会貢献と環境活動をこれからも続けていきます。来年もこの工作教室で地域の皆さんとふれあい、楽しく環境について学んでいきたいと思います。

エコオセロ工作用パーツダウンロードはこちらからどうぞ

 ○エコオセロ工作用パーツ2011夏.pdf(1.1 MB)

 ○エコオセロ工作用パーツ2011冬.pdf(1.31 MB) 

 ※商用目的のダウンロード、及び売買は禁止します。

Shinsampei LABO 2011 Summer
Shinsampei LABO 2011 Summer